FC2カウンター a nomaly's Diary 免疫
  スポンサーサイト  
--.--.--.-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  免疫  
2006.03.22.Wed 
免疫


旧免疫系細胞性因子:マクロファージ,NK(ナチュラルキラー)細胞,NKT(胸腺外分化T)細胞
新免疫系細胞性因子:B細胞,ヘルパーT細胞,キラーT細胞,サプレッサーT細胞


癌・アレルギー・リウマチ・膠原病・その他自己免疫疾患系の諸々の病気に対して、これらの原因を“免疫バランスの崩れ”ととらえ、旧免疫系マクロファージ、曳いてはNKT細胞の活性化により、その治療に成果をあげてるお医者さまを見つけた。

良くも悪くも“これまで蓄積してきた症例とその成果”にのみ基づき治療をおこなう病院は多い。しかし、未だ不治の病はあり、医学の進歩がある以上、臨床医が実際に治療を通じて新しい研究の成果を検証する場は必要である。多少乱暴な言い方になるが、これまでの資産に執着しそれのみを治療と考える医師と、実験とその成果により新たな医学の領域を切り開いていかんとする医師。この二者の間に数多いる医師のグラデーションの中で、常にポジティブな立ち位置に留まり、且つ成果をあげている医師の存在は心強い。
[Personal]Misc /  comments(0)  /  trackbacks(1) /  PAGE TOP△
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY
B細胞B細胞(びーさいぼう、B cell、B lymphocyte)はリンパ球の一種で、分化成熟して抗体を産生するもの。成熟して最終的に抗体を産生するようになったものは形質細胞(プラズマ細胞)と呼ばれる。性質抗体は特定の分子にとりつく機能を持った分子で、その働きによって病原
2007.11.28.Wed .No80 / 免疫学の知識 / PAGE TOP△

Search This Site..

W-ZERO3 Software Tag











Turn Page

Lc.Word Highlight

CopyRight a nomaly's Diary All rights reserved. Since Mar. 2006
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。