FC2カウンター a nomaly's Diary SimpleMenu for Text Edit
  スポンサーサイト  
--.--.--.-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
  SimpleMenu for Text Edit  
2007.05.02.Wed 
定義ファイルに任意のメニュー記述して表示メニューをカスタマイズ。設定次第で[es]ではテンキーのみでのメニュー展開が可能*。動作が非常に軽快なメニュー型ランチャSimpleMenu。各所で紹介レビューも書かれており*、私もマストアプリとして使わせてもらっています。

私的には、KeyInputEmulatorとの連携,環境変数の利用などにより、非常に便利になるテキスト編集用コマンドがとても気にって・:*:・'おり、今回はその辺りをいくつかピックアップしてみたいと思います。



今回使用したEdit.cfgの全貌は以下。覚書として^^ヾ。



※行頭のスペースは「TAB」に置換して下さい。同梱Readme.txt 「②サブメニュー作成」項参照のこと。
※以下 Edit.cfg当該部分Edit.cfgからの抜粋です。(パス先頭 \miniSDカード は省略しています)
 
選択範囲 カーソル以前/以降の選択
行先頭/末尾までの選択キーボドショートカットとして“Shift+Home/Shift+End”は各所で紹介されており、これを模擬するアプリもありますが、カーソル以前/以降の全選択は、“Shiftを押しながらCtrl+Home/Ctrl+End”でいいんだと思います。ちょっとしたことですが、使用頻度、高いですよね^^ヾ。

Edit.cfg当該部分

  [カーソル以前選択]
   \Program Files\KeyInputEmulator\KeyInputEmulator.exe|↓Shift Ctrl+Home ↑Shift

  [カーソル以降選択]
   \Program Files\KeyInputEmulator\KeyInputEmulator.exe|↓Shift Ctrl+End ↑Shift

独自にIME制御機能を持ついくつかのアプリで(テンキーによるワンハンドオペレートとの関係でしょうね.. )Shiftの押しっぱなしが弾かれる事もありますが、メール作成,テキストエディタなどでは問題なし。


 
連絡先の項目をメール本文に挿入して新規メール作成
電話番号やメールアドレス,URL,住所など、アドレス帳に登録してある個人情報をメールで送信したいことはままあるもので、POutlookのメール本文に連絡先選択項目を挿入して新規作成という手順をSimpleMenuに組み込んでいます。

こんなイメージ。
SMenu_mail

1.「連絡先」から項目を選択(Enter)
2.編集画面で当該項目文字列にフォーカスがあたっている状態でSimpleMenu起動
3.メニュー選択(上画像は下記[tel]セクション)
4.アカウント選択(Enter)
5.本文に挿入されて新規メール作成画面起動

Edit.cfg当該部分

[mail]
submenu
  [tel]
  sync \Program Files\KeyInputEmulator\KeyInputEmulator.exe|Ctrl+C
  tmail.exe|-body "tel:%%CLIPBOARD%%"
  [mail]
  sync \Program Files\KeyInputEmulator\KeyInputEmulator.exe|Ctrl+C
  tmail.exe|-body "mail:%%CLIPBOARD%%"
  [URL]
  sync \Program Files\KeyInputEmulator\KeyInputEmulator.exe|Ctrl+C
  tmail.exe|-body "URL:%%CLIPBOARD%%"

同様に、[mail]セクション,[URL]セクションなど任意で実行可能ですね^^。
残念なことにShiftの押しっぱなしを各ソフトでエミュレートしても、全選択(Ctrl+A)をしても、複数項目の選択ができませんでした。電話番号もメールアドレスも同時に挿入したい事は往々にしてある訳ですが、もう少し、考えなければならなそうです。同じ理由で、住所の挿入も、この方法では断片的になってしまいますね。まぁ、Outlookの仕様ですから...


 
htmlタグ中にクリップボードの内容を挿入してエディタに貼り付け
同梱のサンプルSimpleMenu2.cfgにも[リンク作成]メニューとして記載がありますが、私的に使用頻度の高いものをいくつかメニューに加えてみました。

SMenu_html SMenu_html2
[a href blank]セクション            [center]セクション   

とえば...
メニュー[a href blank](左画像)を選択してみます。
htmlタグ“<a href="%%CLIPBOARD%%" target="_blank">URL</a>”の%%CLIPBOARD%%部分にクリップボードの内容を挿入して貼り付けます。
1.ブラウザのURL入力欄(ここでは http://www20.atwiki.jp/zero3_392/ )をコピー
  (これはどんな方法でも.. 上ではSimpleMenuからKeyInputEmulatorを介しCtrl+Cをエミュレート)
2.エディターを起動
3.SimpleMenuを起動
4.[a href blank]メニューを選択
5.完成タグがエディタに貼り付けられます。

<a href="http://www20.atwiki.jp/zero3_392/" target="_blank">URL</a>

ウチの【Software】記事によく使っている URL ←こんなののhtmlタグのできあがり

この程度のタグならIMEやAtok辞書に単語登録してしまえば上の手順を踏まずとも、わりかし簡単に作成できますが... 時には辞書登録できない文字数のタグもありますので、SimpleMenuの定型文貼り付け機能は非常に有り難いですね^^。

ころで...
もう1度SimpleMenuを起動し、今度はメニュー[center]を選択してみます(右画像)。
htmlタグ“<div align="center">%%CLIPBOARD%%</div>”の%%CLIPBOARD%%部分にクリップボードの内容を挿入して貼り付けます。

完成タグがエディタに貼り付けられます。

<div align="center"><a href="http://www20.atwiki.jp/zero3_392/" target="_blank">URL</a></div>

ここで、今度のタグ中%%CLIPBOARD%%部分に挿入された文字列は先程完成した“<a href="http://www20.atwiki.jp/zero3_392/" target="_blank">URL</a>”であって“http://www20.atwiki.jp/zero3_392/”ではありません。つまりクリップボードの内容はこのコマンドを実行する都度、次々更新されていきますので、コマンドを繰返し実行することで入れ籠のようにタグを書いていくことが可能ですね^^。

Edit.cfg当該部分

[html]
submenu
  [a href blank]
  sync \Program Files\KeyInputEmulator\KeyInputEmulator.exe|Ctrl+C
  PasteText:<a href="%%CLIPBOARD%%" target="_blank">URL</a>

  [a href]
  sync \Program Files\KeyInputEmulator\KeyInputEmulator.exe|Ctrl+C
  PasteText:<a href="%%CLIPBOARD%%">【】</a>

  [align]
  sync \Program Files\KeyInputEmulator\KeyInputEmulator.exe|Ctrl+C
  PasteText:<div align="right">%%CLIPBOARD%%</div>

  [center]
  sync \Program Files\KeyInputEmulator\KeyInputEmulator.exe|Ctrl+C
  PasteText:<div align="center">%%CLIPBOARD%%</div>

  [margin]
  sync \Program Files\KeyInputEmulator\KeyInputEmulator.exe|Ctrl+C
  PasteText:<div style="margin-left:10px">%%CLIPBOARD%%</div>

  [strong]
  sync \Program Files\KeyInputEmulator\KeyInputEmulator.exe|Ctrl+C
  PasteText:<strong>%%CLIPBOARD%%</strong>

  [strong2]
   sync \Program Files\KeyInputEmulator\KeyInputEmulator.exe|Ctrl+C
   PasteText:<strong><font face="serif" size="+1">%%CLIPBOARD%%</font></strong>

話はちょっと逸れますが... 定義ファイル編集中、オートアンカーなど連想していました。

今回の様に、URLコピーを手動で行い、2つのアプリを行き来する場合、上記

   sync \Program Files\KeyInputEmulator\KeyInputEmulator.exe|Ctrl+C

部分は必要ない訳ですが、記載しておいても同動作中不都合はありません。
むしろ単一アプリ内では選択文字列置換等、有効利用できますので^^ヾ。


Review Ver.:SimpleMenu Ver0.70 KeyInputEmulator Ver0.20


余談ですが...
WMで使える変数ってどのくらいあるんですかね?
・CLIPBOARDとは別にブラウザで表示中ページのタイトル,URLとか.. (って私的すぎか..ヾ(-д-;
・バックグランドで起動中のアプリのtitle,classとか.. 設定ファイル編集中に貼り付けできたりWM
 的?
 →試行中

かし...
「連絡先」の項目が複数選択できない仕様はちょっと面倒だな..と思いました。いっそ.vcfでも添付しろって?いやいや; ww

んな事考えてると...
意外に「tel:**-****-****」から電話起動したり、@**.ne.jpからメールを送れるソフトって少ないのかな.. 電話やネットワーク機能を搭載したWMならではの機能に違いない!など勝手に思ったり.. PIMやエディタでもできると.. (できるものもあるのか.. ググレカス ゜_。))) ベキバキ
[PC & Mobile]W-ZERO3 /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY

Search This Site..

W-ZERO3 Software Tag











Turn Page

Lc.Word Highlight

CopyRight a nomaly's Diary All rights reserved. Since Mar. 2006
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。