FC2カウンター a nomaly's Diary 能
  スポンサーサイト  
--.--.--.-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 /  コメント(-) /  トラックバック(-) /  PAGE TOP△
    
2006.12.31.Sun 
年の瀬ですが・・備忘のために過去のにっき。

2,3年前からなかなか実現しなかったイベント。“クリスマスに


国立能楽堂で行われたこちらの勉強会ですが、教員向けということで一時は参加を断られましたが、音鑑さんのご厚意で“高砂”の公演(解説及び体験)にオブザーバ参加させて戴きました。内容は、小鼓方十六世宗家 大倉 源次郎氏による能楽の歴史・能舞台の構造・謡・囃子・装束の解説 & 教員向けワークショップということで謡の稽古をつけていただいたり、着付けや面付けなど普段決して見る事のできないところをみせていただいただいたりと。。このところ下調べを重ねていたとはいえ、実際の観能は初めての我々にとってとてもためになるものでした^^。


ブログ=Archive logということでw;ここまでの覚書とかリンクとか。まぁ、個人的なものです。
能楽

観世
観阿弥
  「自然居士」「卒塔婆小町」
 
世阿弥
  古作「高砂」「葵上」「融」の手直し
  「弓八幡」「老松」「忠度」「清経」「頼政」「実盛」「井筒」「桧垣」「班女」「恋重荷」「当麻」「砧」
  『風姿花伝』『至花道』『二曲三体人形図』『三道』『曲付次第』『花鏡』『拾玉得花』

能楽堂・能舞台

薪能

書店
・観世流,金剛流宗家本発行元 檜書店

書籍
日本芸能史六講 芸能史   /折口 信夫
能楽ハンドブック   /戸井田 道三
反オブジェクト―建築を溶かし、砕く   /隈 研吾
近代能楽集   /三島 由紀夫
[Life]Art & Culture /  comments(0)  /  trackbacks(0) /  PAGE TOP△
COMMENT TO THIS ENTRY

  非公開コメント
TRACKBACK TO THIS ENTRY

Search This Site..

W-ZERO3 Software Tag











Turn Page

Lc.Word Highlight

CopyRight a nomaly's Diary All rights reserved. Since Mar. 2006
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。